2010年10月25日

H号故障の原因

トランスファレバー (2).JPG トランスファレバー(写真は参照)

今月、凹天がフロントのエアロッカー工事をした日、
凹天号のリングギアに欠けが見つかりショップにフロントデフを
買いに行った時にH号が修理で来てました。
H号が直ってから凹天号を手伝いに来てくれましたが。

トランスファレバーの末端下部(写真右の突起物)が欠けていたらしく
溶接で盛ってキレイに成形してました。

原因はレバーの入りが浅かった為か、H号がムリしたのか、
ハイ、ロー切り替えをこのレバーで2本のシャフトを動かすんだけど
シャフトを上手く動かせない状態だったらしいです。

丁度、壊れた時は走り終えて『そろそろ帰ろうか?』って時だったし
4駆では無く2駆の位置で壊れたので帰りに支障が無かったので
不幸中の幸い。

凹天もトランスファを何回かバラしてギア組んだりしてるけど
ボディリフトしたり、その他色々イジってると何処かにムリや負担は出てくるもんだし。ふらふら
改造とは本来のバランスを崩す事だから難しいよね。
posted by ボコテン at 17:51| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 整備&修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。